ホーム > 当センターのインプラント治療

横浜関内インプラントセンターのインプラント治療

当院のインプラント治療

横浜関内インプラントセンターでは
精度の高い業界TOPクラスの精密な歯科用CT診断を行います。

当院では精度の高い業界TOPクラスのCT診断を行います。

口の中は、様々な血管・神経・空洞部分があります。
これらが損傷してしますと出血・麻痺などになってしまったり、後遺症を誘発してしまうこともあるので十分な診断・検査が必要です。
診断では、立体的にみることのできないレントゲン診査は失敗する確率が非常に高いです。
インプラントで失敗・トラブルになっている歯科医院は、CT検査をしていないことが多いのも事実です。

横浜関内インプラントセンターが導入している歯科用CTは、顔面全体のあらゆる組織を立体的に精密に描写するための3次元高度診断装置ですので、適切な位置にインプラントを埋入することができ、シミュレーションソフトをつかうことにより、さらに成功率を高め安心・安全なインプラントを提供致します。



インプラントの経験が豊富な瀬尾院長に
インプラント治療について様々な気になることを聞いてみました!

インプラントってどんな手術?

歯を失った顎の骨に、ねじのような金属の支柱(インプラント体)を埋め込み、それを土台として歯を復活させる手術です。

入れ歯やブリッジとどう違うの?

一番の違いは、他の歯に負担をかけないことです。入れ歯は他の歯にひっかける、ブリッジは失った歯の両隣を削ってはめこむ手術です。
引っ掛けたり、削ったりした歯には負担がかかり、結果としてその歯ごと失う可能性もあります。また、メンテナンスが悪いと歯周病などのリスクが高まる場合があります。

 噛む力  インプラント>ブリッジ>入れ歯
ほぼ自分の歯と変わらない力で噛むことができます。

 見た目  インプラント>ブリッジ>入れ歯
ブリッジや入れ歯は、金属が口内から覗くことがあります。

 耐久性  インプラント>ブリッジ>入れ歯
インプラントは10年以上使い続けることができる“一生モノ”の歯となりえます。

 価格  入れ歯>ブリッジ>インプラント
入れ歯、ブリッジは保険内での費用では、手頃な値段で行うことができます。
ただし、保険外の素材を選ぶと20万円~する場合もあり、インプラントの相場、一本40万円~は、他の面を加味して比較すると、遜色はありません。

インプラントの手術って、痛いんでしょ?

「親知らずを抜く方が痛い」と言われます。

横浜関内インプラントセンターでは、痛みの少ない“無痛インプラント”を行っています。歯科麻酔の専門医が、もっとも細い針を使用し、麻酔を行います。

また、手術前に痛み止めを服用していただき、術後の痛みを軽減します。患者様にとって一番大きな手術となる、インプラント体を埋め込む一度目の手術は、術後、麻酔が切れてから多少の痛みを伴うこともありますが、腫れることもほとんどありません。
「親知らずを抜いた時の方が断然痛かった」とおっしゃる患者様も多数いらっしゃいます。

無痛インプラントはこちら

インプラント手術の流れをご説明致します。

1. 手術決定後、CT撮影をしていただきます
1. 手術決定後、CT撮影をしていただきます

精密な撮影を行うことで、骨の状態を把握し、最適な治療方針を決めます。
必要があれば模型を作成し、ご説明させていただきます。

2. インプラント体を埋め込む手術をします
2. インプラント体を埋め込む手術をします

インプラント体を顎の骨に埋め込む手術を行います。
患者様にとっては、インプラントはこの手術が一番大きなものになります。

※埋め込んだところまでで手術を終え、次の手術で土台を作る場合(二回法)と、一度に土台をすべて作ってしまう方法(一回法)があり、患者様の状態に合わせて適切な方法を選びます。

3. 作成した歯を装着します
3. 作成した歯を装着します

埋め込んだインプラント体の上に、歯を装着します。
※必要があれば仮歯を作成し、咬み合わせの状態を調整して本歯の作成を行います。

新着情報

一覧を見る

2014/11/22

<休診日のお知らせ>
12月28日~1月4日は年末年始のため休診になります。1月5日(月)から平常通り診療を開始いたします。

≪休診のお知らせ≫2/6(木)午後~2/11(金)まで休診とさせて頂きます。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ